archive

2015.08.11

仕事観。


IMG_5208


人生における仕事の意味は、簡単に言うと

「自分が幸せで、関わる人全てが幸せに。」

と考えています。

自分の幸せが一番なのは、自分が幸せでなければ本当の意味で大切な人や関わる全ての人を幸せにはできないと考えているからです。

私は、自己啓発書を貪るように読んでいた時期があるのですが、どんな本も同じような答えに行き着いた気がします。


ある本に、

「仕事が人生で持つ意味」を理解した者は、勝手に仕事を大切にし始める。
仕事の充実が人生の充実であり、仕事は人生で最高の味方であることに気づくでしょう。

と、書いていました。


今、身近な人に、仕事に行くのが辛い。
休日のために仕事をしている。
と、言っている人がいます。

私もそんな時期がありました。



社会人3年経過後、学生時代の友人男女10人程で集まったとき、

「毎日毎日辛くて泣いていた時期があった。でも、乗り越えたから今すごく楽しく充実している。」
「仕事がすごく楽しい。」
「あの時辞めなくてほんとに良かった!」

と言う子が多かったです。

その辛い時期を乗り越えたみんなが、すごくキラキラ輝いていて、すごくかっこ良いなと思いました。
そして、本当に良い仲間と出会えたなと思いました。



何が言いたいかというと、その辛い時期を乗り越えるからこそ、仕事の本当の楽しさが分かるかもしれないという事です。
もし、心から願うやりたい事がある場合は、その道に突き進むのも良いと思います。
でも、今はまだやりたい事が分からないのであれば、仕事を辞める時に、上司や同僚が辞めないで欲しいと思うくらいBestを尽くしてからでも遅くないのではないかな?という事です。




まだまだ人生を語るには厚かましいですが、どんな事でも全て自分次第だと思います。




ただ、健康を害する程であればすぐに辞める方がいいと思います。

でも、どんな職業、職場を選んでも大変な事はあります。
人間関係の悩みもあるかもしれません。

そんな色んな事を乗り越えて、人は強くなれるのだと思います。
痛みを知って、優しくなれるのだと思います。



「仕事ほど、自分を成長させてくれる物はない。」




こんな事、自由気ままに生きている私がいうのもどうかと思いますが…。
先程、「仕事観」というワードを見てふと書きたくなりました。




それでは、自分自身と、周りにいてくれる全ての人、環境に感謝をして優しい気持ちで過ごせますように。



大阪・北摂・箕面 ヨガ ピラティス
so fruitful
そうわ りか




大丈夫!大丈夫!
全てはきっと良くなるために起こっています。
そんな気がします。